これからの地震対策

“地震に強い家”とは

複合的な被害から命と暮らしを守ることが大切です。

現在の「耐震基準」で設計された建物は、震度6強~7クラスの地震でも倒壊・崩壊することはありません。

しかし地震の被害は複合的で、建物の倒壊だけでなく、液状化による不同沈下や、家具が倒れてきたり慌てていて転んだり、ガラスや食器が割れてケガをするということも「地震の被害」と言えます。また、電気や水といったライフラインが守られなければ、家と人が無事でも地震の後の生活は不自由なものになります。

地震に本当に強い家。それは、ただ倒れない・壊れないだけではなく、そこに住む人の命と毎日の生活を守れる家なのです。

本当に“安心できる”家づくりのために

地震対策の方法を自ら選ぶことが「本当の安心」に繋がります。

活断層や軟弱な地盤が多い日本では、どの地域でも地震の被害に遭うリスクがあります。どんな地盤でも地震被害を最小限に抑えることは建築業界全体の課題です。

大震災が増加している近年、「耐震構造」と併せて「免震構造」が注目されています。
「地震の被害」を最小限に抑え、大切な命と毎日の生活を守るために、戸建て住宅にも、耐震構造だけではなく免震構造も取り入れることは、これからの建築の常識となることでしょう。

そして何より大切なのが、そこに住むあなたが地震対策をしっかり考えることです。業者任せにせず、間取りやデザインと同じように、積極的に意見しながら家づくりを進めることで、その後の長い「安心」を手に入れることができます。

愛知県・岐阜県・三重県に対応!

スーパージオ東海販売は愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の東海エリアと大阪府周辺に対応しており、特に愛知県のお客様からのご相談・ご依頼を多くいただいております。

中でも、名古屋市の港区を中心に弥富市・西尾市・蒲郡市・田原市・半田市・碧南市・知多市・常滑市・南知多市・東海市といった海岸沿いのエリアでは、液状化対策としてスーパージオ工法を選ばれる方が多く、多数の実績があります。